Google ウェブ検索 サイト内検索
銘酒舘コスギのサイト用Newロゴ 銘酒舘コスギのバナーです

ブルイックラディ(ポートシャーロット)


ブルイックラディ。「ブリックラディ」などとも紹介されたりもします。創業は1881年。その後、世界大戦などの情勢も関係し、操業を停止していた時期もあり、何度かオーナーも変わって行きましたが、1994年に蒸留所は閉鎖されました。2001年にワイン商の方が買収したとされます。ボウモア蒸留所での経験もあるマスター・ディスティラーのジム・マッキュワン氏や、同蒸留所に出資もしているマーレイマクダヴィッド社(独立瓶詰業者)などが中心となり、再建されたとも言われています。

2001年再開されてからは、ジム・マッキュワン氏の意向もあり、すべての工程をアイラ島内で完結させる。職人による昔ながらに近い製法。大麦もスコットランド産、半分はアイラ島産を使用とも言われる「テロワール製法」を取り入れる形となりました。2012年より、レミー・コアントロー社のグループ蒸留所となり、日本での正規代理店も現在はレミー・コアントロー・ジャパンさんになるようです。

ブルイックラディはアイラ独特のヨード臭、潮の風味などは比較的抑えられたテイストで、フローラルでエレガントな風味が特徴。また、現在ではポートシャーロットや、オクトモアというヘビーピートが特徴の第二、第三の銘柄などもリリースしています。ポートシャーロットとは昔、近くに実在した蒸留所の名前となります。
コメント記載-2021/09/28

また買い物カゴCGIがご利用できない方の為にご注文フォームもご用意致しました。尚、お問い合わせはトップページお問い合わせフォームより承っております。

トップページウイスキー一覧ブルイックラディ・アーカイブ
ブルイックラディ ザ・クラシック・ラディ スコティッシュ・バーレイ 700ml 50alc Bruichladdich_TheClassicLaddie_ScottishBarley

ブルイックラディ
ザ・クラシック・ラディ スコティッシュ・バーレイ

シングル・モルト・ウイスキー(アイラ産)

在庫状況/ 残り3本

仕様/ 700ml 50度

価格/ ¥5,500税込 (¥5,000+税)

数量 /カゴの中を見る!


スコティッシュ・バーレイのNewボトル。

ラベル表記が(旧ラベルブルイックラディ・アーカイブへ)
「ブルイックラディ スコティッシュ・バーレイ ザ・クラシック・ラディ」から、
「ブルイックラディ ザ・クラシック・ラディ スコティッシュ・バーレイ」へ。

ブルイックラディのオフィシャルボトル。
クラシック・スタイルなブルイックラディを目指した仕様と言われており、ノンピート。フローラルで複雑味のある仕上がり。マスターディスティラーのジム・マキュワン氏が厳選した樽をヴァッテッドしたマルチヴィンテージ物。

フローラルでエレガント。ノンピート。現在ではブルイックラディのフラグシップ・ボトル(看板銘柄)、スタンダード銘柄と言う位置づけとなっているようです。

コメント改定-2021/09/28

ポートシャーロット 10年 へビリー・ピーテッド 700ml 50alc PortCharlotte10y_HeavilyPeated

ポートシャーロット 10年
へビリー・ピーテッド

シングル・モルト・ウイスキー(アイラ産)

在庫状況/ 残り5本

仕様/ 700ml 50度

価格/ ¥7,238税込 (¥6,580+税)

数量 /カゴの中を見る!


「ポートシャーロット」はブリックラディの第二の銘柄として、リリースされたもの。ブリックラディのソフトなタイプとは異なり、ピートを効かせた個性のある銘柄となっているようです。

「首の長い、ビクトリアンスティルでヘビーピーテッドのウイスキーを蒸留したら、フローラルでエレガントなブリックラディはどうなるか?」そんなコンセプトで誕生したポートシャーロット。

スコットランド産の大麦麦芽を100%使用。モルティさとヘビー・ピートの力強さが特徴。10年以上熟成させた原酒のみをブレンド(ヴァッテッド)しており、熟成による深みもある。同蒸留所の新しい主力銘柄と言われています。

ちなみに「ポートシャーロット」とは、ブルイックラディ蒸留所の南方に実在した蒸留所の名。

コメント改定-21/09/28


トップページウイスキー一覧ブルイックラディ・アーカイブ
お酒は20歳になってから。
このサイトのすべて又は一部などを無断でコピーしたりして使用しないでください。

通信販売の法規(訪問販売法)に基づく表記
URL https://SuperiorBrand-Library.com
銘酒舘コスギ
静岡県静岡市葵区本通5丁目3−4 tel: 054-252-3280  fax: 054-273-1367
Since 2000/2/28
Sorry.This homepage is only in JAPANESE

アクセスカウンター…数字画像は自作