Google ウェブ検索 サイト内検索
銘酒舘コスギのサイト用Newロゴ 銘酒舘コスギのバナーです

シャトー・ド・フラン


シャトー・ド・フランはシュヴァル・ブラン所有のエブロー(エブラール)家と、シャトー・アンジェリス所有のブアール家が1985年にこのシャトーを共同で購入し、葡萄栽培、ワイン醸造などの改革を経て、その後ティアンポン家と並ぶ「コート・ド・フラン」の筆頭シャトーに位置付けられるようになりました。CHピュイグローなどと共に「コート・ド・フラン」産のシャトーの名門、銘醸と評されるまでに至りました。という逸話のある蔵元。メルロー種主体で果実味豊か。

伝統シャトー、名門シャトーのオーナーが格式張らずに、リーズナブルなプライスでご提供している良心的な銘柄でもあり、そんな姿勢がワイン業界関係者からの評価も高い。

栽培面積:18ha
セパージュ:メルロ70%、カベルネ・フラン20%、カベルネソーヴィニヨン10%(作付け割合と思われる)
コメント改定-2021/04/20

また買い物カゴCGIがご利用できない方の為にご注文フォームもご用意致しました。尚、お問い合わせはトップページお問い合わせフォームより承っております。

トップページワイン一覧シャトー・ド・フラン・アーカイブ
シャトー・ド・フラン 2018y 750ml 14.5alc CH_de_Francs2018y

シャトー・ド・フラン 2018y

フランス/ボルドー/ACフラン・コート・ド・ボルドー

在庫状況/ 有り

仕様/ 750ml 14.5度 (赤ワイン)

価格/ ¥1,848税込 (¥1,680+税)

数量 /カゴの中を見る!


CHピュイグローなどと並ぶ「フランの銘醸」。詳しくはページ上部にコメントしてあります。現在では「フラン・コート・ド・ボルドー」の代表格。メルロー主体の銘柄。

シュヴァル・ブラン所有のエブラール家のドミニク・エブラール氏と、シャトー・アンジェリス所有のユベール・ブアール氏が1985年から共同経営しているシャトー。アペラシオンよりも高いパフォーマンスを魅せる程よいコク。舌触りなめらか。

2018年ヴィンテージ。

メルロー 70%
カベルネフラン 20%
カベルネソーヴィニヨン 10%
温度管理されたタンクでの醸造。オーク樽で熟成。新樽20%。

伝統シャトー、名門シャトーのオーナーが格式張らずに、リーズナブルなプライスでご提供している良心的な銘柄でもあり、そんな姿勢がワイン業界関係者からの評価も高い銘柄。

<参考コメント>
赤い果実の上品なアロマが漂い、肉厚で豊かな果実味が広がります。
コメント記載-20/12/16
※6月〜9月は要クール便でお願いしたい銘柄です。


コメント追加↓-21/01/19
<サイト運営者のコメント>
カシスの香りと豊かな果実味、程よい濃潤さ、舌触りのなめらかさ。やっぱり名門が造るワインです。今、飲んでも美味しいし。熟成して、少し時間がたってからの味も楽しみです。メルロー主体の優良銘柄。

シャトー・ド・フラン 2016y 750ml 14alc CH_de_Francs2016y

シャトー・ド・フラン 2016y

フランス/ボルドー/ACフラン・コート・ド・ボルドー

在庫状況/ 残り1本

仕様/ 750ml 14度 (赤ワイン)

価格/ ¥1,848税込 (¥1,680+税)

数量 /カゴの中を見る!


CHピュイグローなどと並ぶ「フランの銘醸」。詳しくはページ上部にコメントしてあります。「フラン・コート・ド・ボルドー」の代表格。メルロー主体の銘柄。

シュヴァル・ブラン所有のエブラール家のドミニク・エブラール氏と、シャトー・アンジェリス所有のユベール・ブアール氏が1985年から共同経営しているシャトー。

2016年ヴィンテージ。

メルロー 70%
カベルネフラン 20%
カベルネソーヴィニヨン 10%
温度管理されたタンクでの醸造。オーク樽で熟成。新樽20%。

アペラシオンよりも高いパフォーマンスを魅せる程よいコク、果実に由来する甘味と適度な酸があり、質の高い強めのタンニン。骨格もしっかりしています。質の高いボルドーワイン。
コメント記載-19/04/26
※6月〜9月は要クール便でお願いしたい銘柄です。


トップページワイン一覧シャトー・ド・フラン・アーカイブ
お酒は20歳になってから。
このサイトのすべて又は一部などを無断でコピーしたりして使用しないでください。

通信販売の法規(訪問販売法)に基づく表記
URL http://SuperiorBrand-Library.com
銘酒舘コスギ
静岡県静岡市葵区本通5丁目3−4 tel: 054-252-3280  fax: 054-273-1367
Since 2000/2/28
Sorry.This homepage is only in JAPANESE

アクセスカウンター…数字画像は自作